金田一耕助アートウエーブ


悪霊島

抱きしめて
悪霊島
   呼吸する
太陽の恵みを受けた青い島
これが夏の匂い
これが秘密の入り口

鍵がない
開け放たれたままの身体
飲み込んでくれるなら
魔物だって受け入れる
あなた達が
いたずらに枯らした花の数だけ
同じ運命を辿る
扉を閉めて
季節の移ろいを感じるのは
海風だけ
このBGMは、Nocturne様MIDI素材集によるものです
リクエスト第56弾 えりな様より
How do you like my picture?

2003/12/24


それなあに
市子
「式亭三馬の『浮世床』だか『浮世風呂』だか、忘れたが市子の口寄せの場面がありましたなあ」

浮世床 下津井の町にも一人の市子が住んでいた。
「ただし、ふつうの市子ちゅうもんは、梓弓の弦を鳴らして死霊生霊を呼びよせ、その口寄せをするもんじゃが・・」
磯川警部が物知り振りを発揮する場面です。
浅井はるは竹筒を使いますが、磯川警部の話しているのは左の絵のような梓弓です。(旧・角川文庫「悪霊島」P68〜69)
『巫女(いちこ)は、市女笠上がり口にとりおきて正座になほり、裏包己(ふろしきづつみ)を前に控えて、目を閉じ涕(はな)うちかむ暇には、舌もて唇を嘗め廻し、梓弓ひきもきらず何やらん呟(うめ)き居たり』
(式亭三馬・柳髪新話浮世床より)



金田一耕助の事件簿に戻る